iPhoneの格安スマホ・iPhone SE(第3世代)レビュー

iPhoneの格安スマホ・iPhone SE(第3世代)レビュー

Apple iPhone SE(第3世代)は、2022年3月18日に発売されたSEシリーズ最新機種です。iPhone SEは高いスペックを搭載しながらも、比較的リーズナブルな価格帯で人気のシリーズとなっていますね。

今回は、2年ぶりの新作となった「iPhone SE レビュー」ということで、メリット・デメリットをお届けしていきます!

iPhone SE(第3世代)のメリット

チップが上位機種と同じ

iPhone SE(第3世代)のチップは、iPhone13シリーズやiPhone14シリーズ下位モデルと同じ「A15 Bionic」が搭載されています。

廉価版でありながら、上位機種と同等の「高性能」「低消費電力」となっており、重いアプリやゲームなどもサクサクと動くのでストレスが非常に少ないです。また、A15には写真を高画質に撮影できる「Deep Fusion」「スマートHDR4」が搭載されているので、上位機種さながらの品質で写真撮影が可能な点も素晴らしいですね。

絶妙なサイズ感とデザイン

iPhone SE(第3世代)は、サイズが「高さ138.4mm、幅67.3mm、厚さ7.3mm」、重さが「144g」となっており、iPhone8とほぼ同じ外観とサイズ・重量です。

そして、iPhone SE(第3世代)の1番の良さは、なんと言ってもホームボタンがある旧来のデザインだと思います。iPhone 14のようなホームバーも良いですが、ボタンを押すという分かりやすい操作感も根強い人気の秘訣なのではないでしょうか?iPhone 8の頃にあった片手操作でも手に馴染むサイズ感やホームボタンが好きな方は、SEにハマると思いますよ。

5G通信に対応

iPhone SE(第3世代)は、5G通信に対応しています。5Gは現在主流の4Gに代わる新しい通信規格で、「20倍の通信速度」「低遅延」「多くの端末に同時接続可能」が実現するとされています。

さらに、iPhone SE(第3世代)は「スマートデータモード」も搭載しており、5Gの速度が不要な場合には自動で4G通信に切り替えてバッテリー寿命を節約してくれるので安心です。

iPhone SE(第3世代)のデメリット

カメラのナイトモードが非搭載

iPhone SE(第3世代)はカメラの「ナイトモード」が非搭載となっており、暗所・夜景撮影において性能に物足りなさを感じます。

通常の写真撮影であれば、チップのソフト性能も手伝って、下位モデルとは思えない高品質な撮影が可能になっています。しかし、ナイトモードがないため、光量が少ないシーンではノイズや荒さが目立つため高画質での撮影が厳しいですね。夜景を綺麗に撮りたい場合は上位機種を選んだ方が良いかもしれません。

イヤホンジャックがない

iPhone SE(第3世代)は、イヤホンジャックがありません。デザインは旧来の仕様ですが、イヤホンジャックは上位機種などと同様に廃止されています。そのため、イヤホンの接続には「変換アダプタ」や「ワイヤレスタイプ」を用意する必要があり、互換性に制限があるのは惜しいですね。

また、充電時はLightning端子経由でイヤホンの接続ができないため、イヤホンしながら長時間のゲームや動画視聴などをしたい方はストレスに感じるかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は iPhone SE レビューとして、メリットやデメリットのレビューをお届けしてきました!価格帯を考えると、格安で手に入るスマホのスペックとしては非常に優秀だと思います。ぜひiPhone SE(第3世代)に興味を持たれた方は、店頭で手に取ってみることをおすすめします!

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me