サムスン新型スマホ、ついにUnpackedで発表!

サムスン新型スマホ、ついにUnpackedで発表!

先月、ついにサムスンの新製品発表イベント「Unpacked」(日本時間2月10日午前0時)が開催されましたね!サムスンは毎年1月に同イベントを開催しているんですが、今年は1ヶ月遅れと言うこともあり、期待は高まるばかりの方も多かったのではないでしょうか?しかも今年は「Galaxy Unpacked 2022」を、オンラインやYouTube上だけでなく、メタバース上でも開催とあって、否が応でも盛り上がりを見せましたね。

Galaxy S22

気になる背面の仕様やボディの強度は?

筆者は、サムスン ギャラクシー 最新の「Sシリーズ」が出るということで興奮を隠せませんでした。事前にリークされたいくつかの情報の中でも、フラッグシップモデル(最上位モデル)・Galaxy S22においては、ベーシックモデルから高位モデルまで全て背面にガラスパネルが採用されるだろうとのことでした。

史上最強の強度!

しがし、実際に発表されたのは、なんと!画面と背面をCorning製の強化ガラス「Gorilla Glass Victus+」で保護、『Gorilla Glass史上最高のタフさ』を実現させた強化ガラスで耐擦傷性を2倍強化し、固く粗い表面への耐落下性も最大2mまで向上した製品なんです。

ボディーのフレーム部分はアルミニウム合金製で、IPX8等級の防水性能とIP6X等級の防塵性能も確保しているんです!これは本当に素晴らしい!

気になるお値段は?

昨年からのガソリンや食品などの物価の高騰が否応なしにも電化製品や家電にまで押し寄せるのは避けられないわけで・・・。Galaxy S22も然り、世界の予測では「値上がりは避けられないだろう」と言われていたんです。しかしながら、TechGenyzがGalaxy S22シリーズの米国市場における販売価格表をリークした際には、意外にもGalaxy S22のベーシックモデルのお値段は799ドル(日本円にすると9万円前後)だと報じたのです!また、ワンランク上のGalaxy S22+は、999ドルで約115,000円とリークされていました。

実際に発表された金額

2022年2月25日発売の「Galaxy S22」、以下の通りでほぼリーク通りの価格となりました!

  • Galaxy S22:価格92,300円~
  • Galaxy S22+:価格115,400円~
  • Galaxy S22Ultra:価格138,400円~

これはサムスンスマホの中でも、ひときわ魅力的なシリーズになりますね!

気になる本体色は?

本体色は、以下の4種類。シンプルかつ落ち着いたカラーリングになっています。

  • ファントムブラック
  • ファントムホワイト
  • グリーン
  • ピンクゴールド

このカラー以外にもサムスン スマホの公式ストアでは、以下の限定色も取り扱うそうです!

  • グラファイト
  • クリーム
  • バイオレット
  • スカイブルー

Galaxy S22 Ultra Sペンが収納できる!

Galaxy S22 Ultraでは、手書き入力が可能な付属Sペンが本体に内蔵できるようになっています。Noteを彷彿とさせますね。ペン入力では、引き続きワコムの技術を採用しており、Sペンでの入力遅延やペンと画面の交信回数を改良した事により、とてもスムーズに書き込めるようになりました。このスペックアップには、AI(人工知能)技術も貢献しているということです。プリインストールの「Galaxy Notesアプリ」の手書き文字の認識は日本語を含む88言語に対応し、精度も上がっています。

サムスン スマホのこれから

2021年の総括

サムスンは、昨年の2021年に約3億台のスマホを製造したと韓国メディアのThe Elecが報じていました。自社製造で2億3,888万台、共同開発メーカーのWintechやHuaqinなどで6,000万台を製造したとのことです。出荷数は、概ね2億7000万台~2億8000万台とみられています。サムスンの計画では、3億台の出荷を見込んでいたのですが、半導体不足、Galaxy S21シリーズの販売不振により目標達成には至りませんでした。

2022年の動向は?

サムスンは2022年に3億3,400万台のスマホの出荷を計画、自社製造で2億8,500万台、共同開発メーカーで残りを製造することを計画しているとThe Elecは伝えています。さらには、今年サムスンは全世界で52機種のスマホを販売するのではないかと噂されています。目標出荷台数を踏まえて、この52機種、新シリーズも含まれているのでは?と期待も膨らみます。昨年発売されたZシリーズの折りたたみ機種がどう進化するのか、SシリーズやAシリーズ、Mシリーズなどお手頃価格からハイスペックモデルまで、今年もサムスンから目が離せませんね。

サムスン ギャラクシーシリーズの未来

最後に!新たな噂がまた一つ浮上しています。Galaxyシリーズのほぼ全ての端末では、サムスンによる独自カスタマイズが施されたAndroidが実行されていますが、実はサムスンは将来的に「Fuchsia」と呼ばれるOSへ将来的に移行する可能性があるとか。ますますサムスン スマホの動向に注目が集まる予感がしますね。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me