新型iPhone14はいつ発売?待つべき?指紋認証などの気になる情報は?

新型iPhone14はいつ発売?待つべき?指紋認証などの気になる情報は?

徐々に夏の終わりが近づき、少し寂しくも感じるこの頃ですが、9月にはAppleスペシャルイベントが待っていると思うとテンションも上がりますね!

ネット上には、すでに気になるリーク情報も続々と上がってきています。この記事では、iPhone14の発売日や、指紋認証などの気になる情報やiPhone14を待つべきかなど、まとめて紹介していこうと思います!

気になるiPhone14 発売日は?

Appleは、毎年9月の第3週の火曜日に新型iPhone発表スペシャルイベントを開催しています。ただし、2021年は例外で水曜日でした。

定例化している日程からすると、予約開始日は発表イベントと同じ週の金曜日、発売日は一週間後の金曜日というスケジュールだと考えられます。これを今年のカレンダーに当てはめてみると

  • iPhone14発表日:2022年9月13日(火)もしくは 9月14日(水)
  • iPhone14予約開始日:2022年9月16日(金)
  • iPhone14発売日:2022年9月23日(金)

といった予測になりますね!世界同時刻に開始されるので、日本時間の未明からの発表になるのではないでしょうか。

iPhone14 スペック情報予想

ここからは、気になる指紋認証をはじめとしたスペックやビジュアル予想を紹介していきます。

iPhone 14 指紋認証

iPhone14には、SamsungのGalaxyシリーズや、中国Xiaomi製のスマートフォンに採用されている「GISのディスプレイ内蔵型指紋認証センサー」を搭載する可能性が浮上しています。

以前iPhone用のタッチパネルで供給されていたものですが、果たして復活なるのでしょうか?一部では、セキュリティ対応のみのTouch IDからセキュリティとARの観点から埋め込み型Face IDの開発を進めていると言ったリークも上がっています。ただし、開発段階ではiPhone14では、指紋認証センサーの方が濃厚なようです。しかも上位機種のみという可能性も高いそうなんです。現在はマスクが必須アイテムなので、指紋認証のTouch IDは好感触だと思うのですが・・・。

サイズ

昨今のゲームや動画へのニーズと合わなかったのか、どうやら片手操作可能のminiモデルはiPhone14で廃止になる可能性が濃厚なようです。

代わりのラインナップ予測としては、大画面と大容量なバッテリーを兼ね揃えたMaxモデルが追加されるとリークされていますね。ただし、名称はMAXとなるかPlusとなるか噂では二分されています。もしPluの名称が採用されれば、2017年iPhone8以来の復活となります!どちらの名称で発売されるかも楽しみですね。

サイズは、6.1インチと6.7インチの2サイズが用意され、それぞれ標準モデルとプロモデルが2機種ずつ、合計4種発売されると予想しています。

USB-C搭載

iPhoneシリーズのみLightningを貫いているのですが、やはりUSB-Cへの移行を検討して欲しいと思っている方も多いのではないでしょうか?まだ、うっすらとではありますが、USB-Cへの移行の可能性が見えてきた感はあります。しかし、残念ながらiPhone14には間に合わないという情報が多いですね。動画の高速転送などにはUSB-Cの方がいいと思うのですが、まずProモデルからという気もしますね。USB-C搭載については、iPhone15へ持ち越しが濃厚そうですね。

カメラ:性能向上

iPhoneのカメラセンサーは、約7年ほど1200万画素で据え置きの状態となっていましたが、iPhone 14では、4800万画素カメラセンサーの搭載があるかもしれません。そればかりか、Proでは8Kビデオの撮影可能?といった情報も出てきています。iPhoneはカメラ機能の進化に力を入れている傾向にあるようなので、これは嬉しいアップデート情報ですね!

ディスプレイ:ノッチからパンチホール型へ

iPhone14シリーズでは、パンチホール型デザインのディスプレイが採用されると報じられています。これは、かなり濃厚なリーク情報のようです。実際にパンチホール型が採用された場合、動画の視聴やゲームのプレイがこれまで以上の大画面で楽しめるようになります。

チップ:さらなる高性能化へ

現在のiPhone13では、5nmプロセスで製造された「A15 Bionic」チップが搭載されていましたが、iPhone14には、台湾TSMCの3nmプロセスで製造されたチップが搭載されるかもしれません。これにより10〜15%ほどの高速化の実現が期待できるとのこと。期待に胸が膨らみます!

販売価格:円安の影響を受ける

値段に関しては、急速な円安から確実に影響を受けざるを得ないのでiPhone 14シリーズの販売価格も値上げ後の価格がベースになることは必須でしょう。最安のminiモデルが販売されなければ、iPhone14シリーズは間違いなく10万円超となるでしょう。Proに至っては、15万円をサクッと超えた価格になると予想されています。価格の引き上げに伴う不満の声が聞こえてきそうですが、こればかりは少しでも円高へ向かってくれることを祈るしかありませんね。

結論:iPhone14を待つべき

現在、iPhone13を購入するかiPhone14を待つべきかで迷っている方もいると思います。金額重視やサイズ感で考えている方は、iPhone13が向いているかもしれません。iPhone13は、かなりのハイスペックモデルですからね。

しかし、新製品が出る度に、その進化とスペックでいつも私たちを驚かせてくれるAppleですから、上記のリーク情報や噂を含めても、iPhone14を待つことをおすすめします。新型iPhone発表会までは1ヶ月を切っているので、リーク情報や噂の真相を確かめてからでも遅くはないでしょう!

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me