格安SIMでiPhoneを使いたい場合はこうすべき!

iphone6格安SIMでiPhoneを使いたいと思ったらまずどのキャリアの端末を使うか、または持っているかが重要になる。

すでに持っている場合は自分の端末が格安SIMで使えるか、使えないかこのページを読んで確認しよう。docomo,au,softbank等のキャリア版はそれぞれの周波数帯に合わされていたり、元のデータがキャリア用に書き換えられている為、利用できない場合がある。

今から購入予定の方は使える端末を確認して自分の予算に合ったものを選ぼう。

格安SIMで使えるiPhone

SIMフリー版iPhone

SIMフリー版iPhoneはappleの公式サイトやamazonで購入することができ日本や世界中幅広いエリアで対応する端末になっている。

その分価格も一番高い。

海外に頻繁に行く方やSIMを差し替えて使いたい方向けといえるでしょう。

docomo版iPhone

docomo系の格安SIMで利用可能です。

ですが、高い買い物になる上、osのバージョンによっても変わってくる可能性があるので念のため各MVNOで公表されている対応表を確認しておくことをオススメします。

docomo系の格安SIMとiPhoneは相性がよくテザリングを含め全ての機能が使えます。docomoにSIMロックされているという点を除いてはSIMフリーiPhoneと同じように使えます。

日本のみで使うならsimフリー版の高いものより価格の安いdocomo版のiPhoneがおすすめです。

格安SIMで使えない、使いにくいiPhone

au版iPhone UQmobileやmineoで使えるか?

au版iPhoneは格安SIMと相性がわるく、au系のsimを発売しているUQmobileやmineoのsimでもosのバージョンで利用可能範囲が変わる。利用できてもテザリングは利用不可でSMSは不可などのものがある。

iPhoneの利用は可能だがosのバージョンによって安定していないので今から購入予定の方は避ける方がいいでしょう。

しかしその分価格が安かったりもするので、いまauで利用中の方や、もし購入しようと考えている方は現在の状況をよくみて使うことをおすすめします。とりあえずMVNOの動作確認端末一覧を見てみましょう。

購入後はosのアップデートはむやみにせずMVNOの対応を確認してからにしましょう。

なんだかんだいって状況は少しづつ良くなっている印象はあるのでより良いニュースを待っていたい。もしかしたらそのうち問題なく使えるようになる日がくるかも・・・

softbank版iPhone

ソフトバンク版のiPhoneをお持ちの方はあきらめた方が良さそうです。というのもdocomo版,au版とちがいsoftbankからの格安SIMがないからです。

一部の方が色々な方法(SIMロック解除アダプタ、ファクトリーアンロック等)を使って他のSIMを利用しようと試されていますが、安定して使えるかどうかの面ではかなり怪しいですし失敗の可能性もありますのでおすすめはできません。月並みな言葉になりますがやる場合は自己責任でお願いします。

格安SIMを利用したい場合は他の端末を手に入れた方がよさそうです。

iPhone 6S/6S Plusについて

新しく発売されたiPhone6SはSIMロック解除可能なので格安SIMでも運用可能です!

ただ、不具合等もあるかもしれないので実際の利用報告を待ってからの変更がよいでしょう情報が入ってき次第随時更新します。

※格安SIMへのMNPおよび利用は全て自己責任でお願いします。

そもそもなぜこんなにiPhoneのSIMフリー化が注目されるのかご存じだろうか?

iPhoneのSIMロックが注目される理由

iPhoneのSIMロックが注目される理由。それは単にiPhoneが人気の機種だからという訳ではなくその対応BANDの幅広さにある。対応バンドとは周波数帯の事で日本の携帯の電波を、いや世界の電波をほぼキャッチできる、それがiPhoneなのである。

これが可能にすることは世界中どこでも利用でき日本でもキャリアを選ばないsimの差し替えが行え非常に融通が利く。

どこに行ってもスマホを買い替える必要がない、iPhone1台で済むという事だ。

iPhoneは高いがこれらの事が可能になることでその価値を感じる人が多い。

人気が高いのも理解できるし注目もあたり前という訳です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です