いよいよ日本でも発売!ASUSのハイエンドスマホ「Zenfone 9」は買うべき?

いよいよ日本でも発売!ASUSのハイエンドスマホ「Zenfone 9」は買うべき?

最近の日本ではiPhoneを使用している方が多い傾向にあります。しかしAndroidも様々な種類の機種を取り揃えています。その中でも最近注目されているのが2022年11月4日に発売されたハイエンドモデルのASUSスマホZenfone9です。今回はそのZenfone9について詳しく解説していきたいと思います。

Zenfone 9(AI2202)の仕様

  • 本体カラー:ミッドナイトブラック、ムーンライトホワイト、スターリーブルー
  • サイズ:高さ5mm×横幅68.1mm×奥行き9.1mm
  • 重量:約169g
  • プロセッサー:Qualcomm® Snapdragon® 8+ Gen 1 (オクタコアCPU)
  • メインメモリ:8GB LPDDR5、16GB LPDDR5
  • 記憶装置:128GB (UFS 3.1)、256GB (UFS 3.1)
  • 画面:9型ワイド AMOLEDディスプレイ
  • カメラ:5,000万画素 広角カメラ、1,200万画素 超広角カメラ
  • サウンド:Hi-Res
  • SIMカードスロット:nanoSIMスロット×2
  • バッテリー容量:4300mAh

Zenfone 9の特徴

①コンパクトなハイエンドモデル

Zenfone 9の主な特徴はハイスペックでありながらコンパクトという位置付けにあります。Zenfone 9はiPhone SEより少し大きいサイズです。女性や手の大きくない人にも持ちやすいサイズとなっています。片手で使いやすくする機能も搭載されています。

②ボディの良質な素材

Zenfone 9のボディの背面は手触りの良い素材が使用されており、指紋が残りにくく滑りにくくなっています。始めからカバーが梱包されていますが、傷のリスクなどをあまり考えないのであればそのままで使用するのもいいかもしれません。

③高性能

Zenfone 9にはSnapdragon® 8+ Gen 1チップが採用されています。とても高性能なチップなため、流行りのバトルロワイヤルゲームなどをプレイしても処理落ちすることなくサクサク動きます。また最大120Hzのリフレッシュレートでプレイでき、かなり滑らかな動きを体験できます。ネットサーフィンや基本的な使い方でストレスになることはないでしょう。

更にZenfone 9は従来のヒートパイプに加えてベイパーチャンパーを搭載することにより、十分な放熱機能が確保されています。ハイエンドモデルでもゲームなどを起動すると発熱が気になってしまう方も多いかと思いますが、Zenfone 9であれば気になることがなくなるでしょう。

④モデルが3つある

Zenfone 9には3つのモデルが用意されており、「RAM 8GB/ROM 128GB」、「RAM 8GB/ROM 256GB」、「RAM 16GB/ROM256GB」の構造から選べます。どのモデルを選ぶのか迷ってしまいそうですが、動画や写真を多く残したいのであれば容量の大きなモデルがおすすめです。ちなみにベーシックモデルの128GBだとシステムに約25GBほど使用されているため、ユーザーが使えるストレージは100GBほどになります。

残念ながらSDカードでの容量拡張ができないため、容量拡張したい方は外付けのSSDやiCloudなどを活用すると良いでしょう。

⑤通信がマルチキャリアに対応している

通信方式については5G NR/4G LTE/3G W-CDMA/GSM EDGEに対応し、5G NRはSub-6に対応しており、「docomo・au・SoftBank・Y!mobile・ahamo・povo・LINEMO」のマルチキャリアに対応しています。しかし28GHz帯を使った5G通信のミリ波に対応しておらず、通信は従来と同じになります。ただ現状ミリ波の普及率はかなり低く通信が遅くストレスを感じるということもないでしょう。

⑥コスパが良い

価格は公式サイトで8GB/256GBモデルで112,800円となります。他のモデルとの価格差は1〜2万円程度のため用途に応じて選びやすくなっています。また最新iPhoneはキャリアにもよりますが約15~18万と本体価格が高く、Zenfone 9と比較すると5万円ほど変わってきます。かなりコスパが抑えられます。

Zenfone 9のメリットとデメリット

ここでは様々なメリットとデメリットについてまとめていきます。

メリットデメリット
片手操作がしやすい

普段使いで満足できるカメラ機能

バッテリーもちが良い

滑らかな綺麗なディスプレイ

最新のCPU搭載によって発熱が少ない

クリアな音質のスピーカーとイヤホン端子の搭載

顔・指紋療法の生態認証が対応

ディスプレイサイズが小さい

存在感のあるカメラデザイン

望遠レンズがない

ワイヤレス充電は非対応

スピーカー使用時共振する

容量拡張できない

モデルによってカラーの選択肢が異なる

まとめ

Zenfone 9の特徴やスペックを踏まえ、以下に当てはまる方にお勧めです。

  • 高スペックでありながら持ちやすさを求めている方
  • スマホでバトルロワイヤルゲームなどのネットサーフィンを使用する方
  • カラーにこだわりのない方
  • 本体ボディのデザインが好みの方(素材やカメラデザイン等)
  • 本体価格を抑えたい方

メリットが沢山ある一方で、やはりデメリットもつきものです。デメリットも知った上で、ぜひご自身の生活スタイルや好みに応じて購入するべきか検討してみてください。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me