【2022年版】本当に買ってよかった!デジタルガジェットおすすめ10選

【2022年版】本当に買ってよかった!デジタルガジェットおすすめ10選

日常生活からビジネスまで、便利に快適にしてくれるデジタルガジェット。しかし、せっかく選んだ商品が「なんかイマイチで失敗した…」という買い物はしたくないですよね。

そこで今回は、『【2022年版】本当に買ってよかった!デジタルガジェットおすすめ10選』と題して、製品を厳選してご紹介していきます。ぜひ、購入する際の参考にしてください!

そもそもデジタルガジェットって?

デジタルガジェットとは、「小型の情報機器」を指す言葉で、単に「ガジェット」と略されることも多いです。

「スマートフォン」「タブレット」「スマートウォッチ」といった端末のほか、「スマートスピーカー」「イヤホン」「マウス」「充電器」「モニター」「ポータブルゲーム機」などの幅広いジャンルを含んでいます。そのため、基本的には「デジタルガジェット=デジタル機器全般」という認識で大丈夫でしょう。

デジタルガジェットおすすめ10選

それでは、早速おすすめのデジタルガジェットを見ていきましょう。

①Apple:iPhone 14 Pro Max

大人気、iPhone最新シリーズのフラッグシップモデルです。カメラが大幅に向上し、常時点灯ディスプレイや健康機能などが新たに搭載されています。ネット上では前モデルから変化がないとも言われていますが、実際には最新モデルの進化を確かに感じることができますね。

②Apple:AirPods Pro(第2世代)

Appleワイヤレスイヤホンのフラッグシップモデルです。コードレスであらゆる場面において使い勝手が素晴らしく、H2チップによる高品質なサウンドとノイズキャンセリング機能を体感できます。高価ですが、Appleユーザーには間違いなくおすすめです。

③Apple:Apple Watch Series 8

Appleスマートウォッチの最新機種です。大きなディスプレイで視認性や操作性に優れており、ワークアウトの自動検出が便利ですね。ベルトは交換することでフォーマルな演出も可能なので、ビジネスシーンでも違和感がありません。

④Logicool:MX Master 3

高性能なワイヤレスマウスです。従来より90%も速い超高速スクロールホイールを搭載し、ガラスの上でも高速トラッキング可能な性能を誇ります。最大3台のパソコンやWindows・Macをマウス1台でシームレスに操作が可能な、クリエイターやビジネス用途にもぴったりのマウスです。

⑤LG:曲面ウルトラワイドモニター(34WL75C-B)

34インチの大画面ディスプレイです。デュアルディスプレイ並の作業領域を1台で確保できるため、配線をスッキリさせつつ作業効率を上げたい方におすすめですよ。

⑥Belkin:3 in 1 MagSafe充電器

3つのAppleデバイスに対応の便利なワイヤレス充電機です。「iPhone」「AirPods」「Apple Watch」を置くだけでまとめて充電ができる優れもので、ケーブルがかさばる心配がありません。また、おしゃれなルックスでインテリアとしても楽しめるデジタルガジェットですよ。

⑦Anker:PowerCore 10000 PD Redux 25W

充電規格「PPS」に対応する、モバイルバッテリーです。超急速充電が可能な最大25W出力を備え、10000mAhの大容量で一般的なスマホなら2〜3回フル充電することができます。スリムな設計で持ち運びしやすいため、旅行などにも大活躍ですね。

⑧Satechi:Type-C アルミニウム Proハブ

MacBook Pro・Air対応の、さまざまな端子を接続できる高性能ハブです。「SDスロット」「USB-A」「USB-C」「HDMI」を備えており、ポートの種類や数が足りないということがありません。また、MacBook Pro・Airを最大85Wで充電可能な「パススルーPD充電」対応は嬉しいポイントです。

⑨Amazon:Echo Dot (エコードット) 第4世代 スマートスピーカー with Alexa

Amazonスマートスピーカーの最新モデルです。日付や天気はもちろん、ニュースやスケジュールも読み上げてくれるため、家事や子育てなど忙しい日常をアレクサがサポートしてくれます。シンプルなデザインと簡単な設定・操作で生活の質をぐんと上げることが可能です。

⑩Amazon:Kindle Paperwhite

読書に特化した、Amazonの電子書籍リーダーです。本を読みたいけどスマホやパソコンでは疲れるという悩みも、Kindle Paperwhiteなら解決します。まるで紙のような質感で表示してくれるため、実物の本を読むように没頭できますね。

最後に

市場では多種多様なデジタルガジェットが販売されています。自分の利用目的や頻度に合わせて選び、賢く活用していきましょう!

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me