TONEの評判と評価!オススメのMVNO?!

7.8

サービス

9.5/10

料金

7.0/10

速度

7.0/10

おすすめポイント↑

  • サポート体制が万全
  • お子様、高齢の方にも優しいサービスが沢山
  • 料金体系が1種類で迷わない
  • オプションでよく使う人も満足できる
  • データ通信無制限

イマイチなところ↓

  • 取り扱い格安スマホが少ない
  • 最低利用期間が2年と長い

スマホを使うならとにかく分かりやすくて簡単にしたい!そんな方にピッタリの格安スマホ 「TONE」。料金体系、格安スマホは1種類のみ!さらに格安スマホには珍しい万全のアフターサポートが受けられるので気軽に安心してスマホを楽しめるのが特徴です。

基本情報

初期費用 3,000円 データ量繰越
高速通信速度 不明 通信速度切替
通常速度 500~600Kbps お家でMNP ×
プラン変更 公衆無線LAN ×
決済方法 クレジットカード SMS利用料 100円
最低利用期間 2年
利用期間内の解約は9,800円の請求
通話料金 090 20円/30秒
050 21円/60秒

利用料金

基本料金
データ通信無制限 + 050番号
500~600Kbps
1,000円

オプション
SMSオプション 電話番号でメッセージをやり取りする 100円/月
090音声オプション 090/080/070の番号を使用
または引き継ぎ(MNP)
953円/月
高速チケット LTE回線を使い動画やウェブサイトを快適に視聴する 300円/1G
フラットパックオプション 上の高速チケット1GB分と050の電話番号で1時間の通話が可能 500円/月
安心オプション ・63,000箇所以上のWi-Fiスポットをご利用可能(エリアは公式サイトで確認おねがいします)
・故障や盗難に対するお見舞金が受け取れる
500円/月
ファミリーオプション ・スマホの利⽤状況や利⽤制限を管理
家族が今どこにいるのかといった位置情報を保護者が閲覧管理 /⼦どもの閲覧できるサイトを制限 / 歩きスマホの警告 / など
0円/月

TONEの特徴

タップまたはポインターをのせると説明がでてくるよ♪

  •  データ通信無制限
    500~600Kbpsの速度でデータ通信が無制限でスマホ使い放題!速度的に高画質動画やデータダウンロードには向いていないがウェブ閲覧やゲームなど大抵のことはできます。
    ないとは思いますがあまりにも利用が多いと制限がかかってしまうので気をつけましょう。(通常1~3日の間で制限は解除されます)
  •  TONE Family
    TONE Familyオプション(無料)を使うことにより 相手が今どこにいるか/アプリのインストール・購入を防止/利用時間帯の制限/高速チケットの購入制限/家族伝言/歩きスマホ警告/健康管理アプリ「ライフログ」/バッテリー残量通知/エアノック機能が利用可能 これらは主にお子様の安全を考え作られているのでスマホを持たせる親としてすごく安心できる機能です。詳細は公式ウェブサイトを見てみよう。
  •  Tポイントがたまる
    スマホの月々の利用料でTポイントがたまります。ただ使うだけでたまるのでとってもお得!
  • 高速通信ON/OFF機能
    高速通信データを節約したい時は気軽にアプリからoffできます。TONEの高速チケットオプションで購入した通信量は31日だけ有効なので節約しすぎて使い忘れのないようにしたい。
  • 万全のアフターケア
    格安スマホでは珍しい万全のアフターケア!無料で店頭、電話サポート、家にいながら遠隔サポートまで受けられる。高齢の方や、機械が苦手な方にも安心して使用できるスマホです。

取り扱いおすすめスマホ

  • TONE m15
    TONE m15

    端末価格29,800円

    TONEオリジナルスマホ
    LTE対応最新モデル!

    – スペック –
    5.5インチディスプレイ
    1300万画素メインカメラ
    500万画素全面カメラ
    RAM:2GB/ROM:16GB
    3000mAhバッテリー
  • TONE m14
    TONE m14

    端末価格19,800円

    TONEオリジナルスマホ
    旧モデル 安い!

    – スペック –
    5.5インチディスプレイ
    800万画素メインカメラ
    200万画素全面カメラ
    RAM:1GB/ROM:4GB
    2500mAhバッテリー

TONEの格安スマホは現在、上記のこの2機種から選ぶことになっている。

TONE m15

最新のTONE m15はTONEでは初のLTE対応モデルとなっている。値段も29,800円と格安スマホの平均的な価格でスペックも悪くない。
シンプルな飽きの来ないデザインでようやく長く使える端末が出たなという印象。初めての人から良く使う人まで対応できる機種になっています。

TONE M14

こちらはLTE非対応なので選ぶ際は気を付けよう。価格は19,800円と安いがスペックも抑えられているのでライトユーザー向け。ユーザーの保存領域が2GBとかなり小さいのでSDカードを挿して保存領域を増やした方がよいでしょう。軽いウェブ閲覧やメッセージアプリ程度の利用の方におススメ。

TONEの評判

通信速度の評判

TONEの通常の速度は公式から伝えられているのが500~600Kbpsですが実際はもう少しでるようです。しかし、利用時間帯によって速度がばらつくので一概には言えません。TONEが行ったアンケートでは利用者の96%が速度に満足しているという事なので特に問題はなさそう。

総評

総合的に見てアフターサービスが万全、お子様、高齢の方への配慮をしているのがTONEの特徴といえます。

実際にスマホを使ってみたいけど使い方が難しそうと思っている方、大手キャリアのauやdocomoは高くて手を出しずらい方にはピッタリです。

さらにデータ通信速度は抑えられていますが通信無制限ととても魅力を感じられるサービスとなっています。

しかし、注意したいのが最低利用期間が2年間と少し長く、期間内の解約は9,800円となる点だ。せっかく2年で契約するならTONE m15を選び必要な時に高速チケットを購入してLTEの高速通信を楽しむのがオススメです。

格安でスマホが使え他では真似できない充実のサポートでかなり魅力的な内容ですよ♪