格安SIMシェアプラン比較!容量が分け合えるおすすめプラン!

家族みんなで、または自分で複数の端末を持ちたくて格安SIMを使うとき、便利なのがデータ容量を分け合えるシェアプラン!

シェアプランを選ぶときに気にした方がいい事、シェアプランに伴うメリット・デメリットがあるので一つづつ見ていこう。

シェアプランにするメリット・デメリット

メリット

  • 複数枚のSIMが使える
  • 少し利用料が安くなる

デメリット

  • 一人がたくさん使うと他の人がこまる
  • 同一名義で使う必要があるのでmnpの手続きが面倒なことも(mineo除く)

シェアプランを客観的にみてみたところ、他の人と同一名義でシェアをしても煩わしさやリスクの方が大きいと感じます。

格安SIMの一番のメリットである”金額の安さ”があまりないので、mineo以外でのメリットを見たところ

  • 個人で複数枚の音声SIMを契約する場合の支払いがまとまっていいこと
  • 複数の端末(電話番号を必要としないタブレット等)を使う時にデータSIMを月額無料で追加する

上記のようなメリットが当てはまる方のみお得に感じられるでしょう。

シェアプランのあるMVNOの特徴と料金

いまあるシェアプランの内容は大きく種類。それは

  1. 決まった容量から分け合って使うプラン
    IIJmio、BIGLOBE、イオンモバイル、DMMモバイル
  2. 別々のデータ容量を契約し余った分はシェアされるプラン
    mineo

どちらがいいかはそれぞれの好みや状況によって変わるので一通り読んで決めてほしい。

mineo

mineoでは決まった容量を分け合うのではなく、個人の余った容量をシェアするのが基本の方法です。従来の決まった容量をシェアする方式から枠を超えて友達や家族、または知らない人どうし壁がなくシェアできる環境が整っている状況です。

家族・親族で契約する場合は割引があるので料金は明確にお得になります。別名義で登録しても割引されるのがmineoのメリットでもあります!

ただし18歳以下の未成年者は本人名義の契約ができません。

mineoはau,docomoの格安SIMを取り扱っていますが、容量の受け渡しはキャリア関係なくできるので手持ちのスマホがばらばらの場合でも導入しやすいのも特徴です。

純粋に家族間のデータシェアを目的とした格安SIMをお探しの方には一番のオススメです!個人個人のデータ容量が決まっているので誰も損をすることがなく家族割・複数回線割で明確に50円/1回線が安くなる分かりやすいシステムです。

シェアの方法
パケットシェア
先月に家族が繰り越したデータ容量を家族で分け合って使える機能です。(※要申込)
パケットギフト
パケットギフトは今月余りそうな分のデータを友達や家族にシェアできる機能です。
フリータンク
mineoユーザー全員でデータ容量をシェアする機能。自分のデータが余った時はフリータンクへ入れる、少し足りないときはそこから貰うことができる素敵な機能です。
家族割・複数回線割
複数回線を使う場合は一回線に付き-50円割引きがあるのも忘れてはいけません。家族割も同様に-50円割引で適応できる範囲は離れて暮らす家族・親戚も含め3親等までです。

ちなみに家族割・複数回線割の併用はできません。

→mineoをもっと詳しく!

イオンモバイル

基本使用料が安いのでオススメです。誰かとシェアというより自分で複数枚SIMをもつのに適したプランです。3枚までしか契約できないのでそれ以上欲しい方はIIJmioかBIGLOBEをえらぼう。

シェア音声プラン
4GB 1,780円
6GB 2,280円
8GB 2,980円
12GB 3,580円
20GB 6,280円
30GB 8,280円
40GB 11,100円
50GB 15,100円
手数料
音声SIM 700円/月
備考 ・このプランは最初から音声1枚+データ2枚とSIMの数が決まっている

・データSIMを音声SIMに変更する場合+700円月

・SMS付にする場合は140円/月。契約後の変更はSIMの交換が必要

→イオンモバイルをもっと詳しく!

DMMモバイル

決まった容量をわけあう形の格安SIM。音声SIMを使う場合は料金的にあまりメリットは感じられない。データSIMを複数枚もっていたい場合にオススメできる格安SIMです。3枚以上の場合はIIJmioかBIGLOBEを選ぼう。

8GB 10GB 15GB 20GB
データSIM 2,140円 2,250円 4,570円 6,090円
通話SIM 2,840円 2,950円 5,270円 6,790円
手数料
追加手数料 2,000円
音声SIM 700円/月
データSIM
(SMS付)
150円/月
(SMS無は無料)
備考 ・SIMは計3枚まで持つことができる

→DMMモバイルをもっと詳しく!

IIJJmio

IIJmioでの音声SIM追加は金額的にオススメできません。

データSIMを複数つかう、または個人で複数の音声SIMが使いたい場合に料金の支払いがまとまって良いというようなメリットを感じられる方にオススメ。

計10枚まで持てるというのも特徴です。

ファミリーシェアプラン
10GB
データSIM 2,560円
音声SIM 3,260円
手数料
追加手数料 2,000円
音声SIM 700円/月
データSIM
(SMS付)
140円/月
備考 ・SIMは計10枚まで
(そのうち音声SIMは5回線まで)・4枚目より400円/月が加算される

→IIJmioをもっと詳しく!

BIGLOBE

価格の面であまりメリットがありません。別々に契約した方がお得なのでBIGLOBEでのSIM追加はおすすめできません。

ライトSプラン
(6GB)
12GBプラン
データSIM 1,450円 2,700円
音声SIM 2,150円 3,400円
手数料
追加手数料 3,000円
音声SIM 900円/月
データSIM
(SMS付)
320円
SMSなしは200円/月
備考 ・ライトSプランはSIM計3枚迄

・12GBプランはSIM計5枚迄

→BIGLOBEをもっと詳しく!

やはり純粋に家族で契約するならmineo、個人で複数枚持ちたいならイオンモバイル、沢山SIMが必要ならIIJとなるでしょう。

それぞれ自分にあったシェアプランを選んでくださいね^^